「玉鳳紙」が出来るまで



玉鳳紙は、越前(福井県)で製作された最高級の手漉き本鳥の子襖紙です。

越前和紙は、天平時代の正倉院文書に既に「越の紙」として、その名をとどめ
ているように、最も古い伝統を持つ和紙のひとつです。
鳥の子と呼ばれる紙は南北朝の頃から作られ始めた高級紙で、当時は上流
階級のみに使用されたものでした。その初期の頃から越前が名産地で、
「越前鳥の子」として知られていました。

本鳥の子(ボタン)

本来は雁皮紙をさし、その色合いが鶏卵の殻の色に似ているところから、
「鳥の子」と呼ばれました。その無地の肌合いは、雁皮紙独特の柔らかい光沢
を持ち和紙を代表するものです。三椏紙は、雁皮紙とともにその優しい紙肌か
ら、襖紙はもとより写経用紙、料紙など古来よりさまざまな用途に用いられてき
ました。伝統的な手漉き和紙で襖紙の代名詞ともいえます。


玉鳳紙の製作に携わる
      福井県無形文化財、岩野平三郎氏のプロフィ−ル

越前の紙漉きの名家である岩野家に生まれ、平三郎としては三代目にあたる。
初代は、横山大観や下村観山のために日本画の特注紙も漉いていた。
代々古典技術の復興に努めています。

現三代目、平三郎氏の主な作品

・二条城襖絵模写用紙
・唐招提寺襖絵用紙
・桂離宮障壁画用紙(吉田五十八賞)
・四天王寺障壁画用紙
・薬師寺玄奘三蔵院壁画用紙(3m×4m)
・彦根城博物館御亭の襖(打雲紙)
・法隆寺飛天の間襖絵用紙


「打雲・飛雲・水玉の漉き掛け技術」が昭和五十年、福井県無形文化財に指定される。

                     次へ