製作工程-2(その二)


いよいよ漉きにかかります。日本の紙漉きの特徴の一つに黄蜀葵(とろろあおい)の使用
があります。この植物のネットリした液で「ねり」を加えることで、繊維を均一に分散させ、
丈夫で美しい和紙が出来ます

               トロロ葵
                  黄蜀葵(とろろあおい)

漉き簾 ・漉き簾(すきす)
竹片子(たけひご)を絹糸で編んだ特製のものです。
漉き桁 ・漉き桁(すきげた)
良質なヒノキでつくり、上桁と下桁で漉き桁をはさみこみます。
漉き(すき)
漉き舟の中に満たされた紙料を、熟練した技術者が、
竹製の簾(す)の上へ漉き上げていきます。流し漉きと
呼ばれる日本独特の技術です。紙の誕生です。
漉き
模様入れ 模様入れ
模様を必要とするものには、この湿っている段階で模様
をつけます。


圧搾(あっさく)
出来上がった紙を重ねて圧搾し、水を切ります。
乾 燥
湿りの残っている紙を干し板に撫でて貼り付け、乾燥します。

選 別・検品
乾いた紙を板からはがし、一枚一枚吊るします。
乾燥
木版 木版摺り(もくはんずり)
桜・桂等の厳選された板に、洗練された模様を彫刻したものを
版木(はんぎ)といいます。雲母、胡粉、色等と糊材を調合した
ものを「ふるい」(木枠に布を張ったもの)により版木に平均に置
き、版木に鳥の子紙を乗せ心込めて丁寧に摺ります。ただし
木版摺りは、一部の模様に限り使用されます。
木版
ふるい