玉鳳紙の製作工程(その一)

原木 ・原 木(げんぼく)
玉鳳紙の主原料となるのは、三椏(みつまた)、じんちょうげ科
の落葉低木で、原産地は中国のようですが、日本にも古くから
入っています。高さ2メ−トルくらいで、早春に黄色い花が咲き
ます。
・伐 採(ばさい)
木が二年から三年に成長すると伐採できるようになります。
落葉後、冬に刈るのが良いとせれています。

・原木の蒸し

刈り取った木は、枝を払い、長さをそろえてから皮を剥ぎ
易くする為に蒸します。

伐採
白皮 ・皮剥ぎ
一、二時間蒸して、温かい内に皮を剥ぎます。これが「黒皮」です。
紙の原料となるのは、この皮の方にある繊維なのです。

・白 皮(しろかわ)
黒皮はさらに、表皮と、その下にある緑色の甘皮を丁寧にこそぎ
落として、川に晒して「白皮」にします。
・煮 熟(しゃじゅく)
繊維を柔らかくするために、木灰(きばい)などのアルカリを
加えて大釜で煮ます。煮上げた白皮は再び川に晒します。
煮熟
漂白 ・ちりとり・漂白
粗い皮や筋、ちりなどを一つ一つ手で取り除き、漂白して
真白な紙料にします。

・叩 解(こうかい)

出来た紙料の水をしぼり、これをよく叩いて、さらに繊維を
細かくほぐします。

・染めつけ
色の着いた紙にする時は、ここで紙料に染料を加え、混ぜ
合わせて染付けます。


                    戻る 次へ